FAQ/お問い合わせ

製品に関するFAQ

選択カテゴリ:アルミ電解コンデンサ

電気的特性やリード線のはんだ付けの製品性能に悪影響を及ぼしますので、保管する温度、湿度、場所・環境にご配慮ください。

アルミ電解コンデンサの圧力弁は、異常時における製品内圧上昇が破裂などの危険な状態になることを軽減する目的で設置しています。
ただし、小形製品の一部には圧力弁のないものがあります。

ESDはアルミ電解コンデンサに影響ありません。

ゴム封止のアルミ電解コンデンサ、導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ及び導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサはIPC/JEDECに定められているMSLの対象外です。

アルミ電解コンデンサの電解液主溶媒はエチレングリコールγ-ブチロラクトンを使用しています。
現在弊社では四級塩と呼ばれる電解液を使用したアルミ電解コンデンサの製造・販売は行っておりません。

アルミ電解コンデンサはUL難燃性規格を取得しておらず、扱いとしては可燃物となります。
ただし、一部の製品ではUL難燃性規格(UL 94 or UL 224)を取得している部材を使用している場合があります。

アルミ電解コンデンサは定格電圧を超えない範囲で任意の電圧を印加して使用することができます。定格電圧に対して低い電圧を印加して使用しても問題はありませんが、長時間使用後に急激に高い電圧を印加した場合は漏れ電流増大の懸念があります。

アルミ電解コンデンサのリフローはんだ付け推奨条件は種類、シリーズ、サイズ、定格電圧などにより異なります。詳細は製品ガイドをご参照ください。

タグ
リフロー

高温高湿状態に置かれた場合には、水分が封口部からコンデンサの内部に侵入し、耐電圧の劣化及び寿命が短くなるなどの現象が発生することがあります。樹脂コートなどの防湿対策の使用もご検討ください。

アルミ電解コンデンサは耐電圧の異なる2種の電極箔を使用しています。その結果、極性を有しており、逆方向の電圧を印加した場合には破損する恐れがあります。

上記に当てはまらないご質問・お問い合わせは下記からご連絡ください

製品に関するお問い合わせ