FAQ/お問い合わせ

製品に関するFAQ

選択カテゴリ:アルミ電解コンデンサ > 上手な使い方

山岳地や航空機などの高地で使用する機器にアルミ電解コンデンサをご使用する際の注意点

タグ
アルミ電解
導電性高分子
ハイブリッド

アルミ電解コンデンサは、有極性製品となります。極性と逆方向の電圧、またはは交流では使用できません。

アルミ電解コンデンサは、MLCCのようなバイアス特性は無く、静電容量は印加電圧の値に依存しません。これはアルミ電解コンデンサの利点です。

アルミ電解コンデンサは定格電圧を超えるサージ電圧印加の規定があります。サージ電圧印加の規定は、JIS規格に準拠しております。

基板洗浄を保証したコンデンサを使用しかつ、洗浄剤の種類や条件等は、カタログや納入仕様書の規定範囲内としてください。

アルミ電解コンデンサ、導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサは、異常な電圧や異常な熱ストレスが印加された場合に、危険な破壊状態に至らないよう圧力弁が付いています。圧力弁動作を阻害しないよう、コンデンサ上部には既定の空間を設けてください。

タグ
アルミ電解
ハイブリッド

一般のアルミ電解コンデンサは、充放電を繰り返す回路に使用することはできません。
専用設計品のご使用を検討ください。

アルミ電解コンデンサの再起電圧とは、アルミ電解コンデンサを充電し端子間を短絡させた後、開放しておくと、しばらくして両方の端子間の電圧が再び上昇する現象が生じる時の電圧のことです。

タグ
技術用語

アルミ電解コンデンサの諸特性には温度依存性がありますので、温度が高くなる程劣化が激しく、漏れ電流、損失角の正接の増大、静電容量の減少の進行度が速くなります。また、湿度の高い場所に長時間放置されますと、リード線や端子が変色したり、はんだ付け性が悪くなる事があります。アルミ電解コンデンサの保管は、常温、常湿で直射日光の当たらない場所を選択して下さい。

タグ
保管

アルミ電解コンデンサは主に電源の平滑用としてご使用頂いていますが、用途によって選定のポイントがあります。それぞれに見合った特性を持つアルミ電解コンデンサを選定して下さい。

タグ
採用例
注意事項

上記に当てはまらないご質問・お問い合わせは下記からご連絡ください

製品に関するお問い合わせ