株主・投資家情報経営方針

中期経営計画

第9次中期経営計画

日本ケミコングループは、2020年度(2020年4月)から2022年度(2023年3月)までの3年間を対象とした「第9次中期経営計画」を策定し、目標達成に向けた施策を実行しています。その骨子は次の通りです。

(2020年4月1日)
中期目標 「あらゆる経営環境の変化に柔軟に対応できる企業体質への転換」
計数目標
最終年度売上高 1,400億円
最終年度営業利益率 7%
最終年度ROE 10%以上
最終年度総資産回転率 1.0
為替レート前提 105円/US$
基本戦略 「全社・全部門での生産性改革による利益創出」
重点施策
  • 安全・品質・法令の遵守とお客様第一主義の徹底
  • 挑戦意欲、情報感度の高い人財の育成と新たな企業文化の創造
  • 商品企画力強化による新商品投入と成長戦略の明確化
  • 品質最優先による顧客満足度の向上
  • 生産基地の再編と生産性改革による高コスト構造からの脱却
  • スピード経営を具現化するデジタル情報化の推進(DX推進)