新着情報

【バリスタ】 SVシリーズ | 高電圧帯220~470V(⌀5)のラインナップ開始

2021/06/17

SV series φ5この度、セラミックバリスタSVシリーズの⌀5サイズにおいて、電圧範囲を220~470Vに拡大し、シリーズの充実を図りました。
SVシリーズとは、過電圧印加によるバリスタ破壊時に、外装樹脂の燃焼時間と飛散を大幅に抑制した、機器の火災リスク低減に貢献する製品です。
従来シリーズに比べ、高温度対応及び対候性を向上しており、厳しい環境下で使用される機器に適しています。
 

 
特徴
  • 素子径⌀5サイズのバリスタ定格電圧に、高圧帯220~470Vを追加
  • 過電圧印加によるバリスタ破壊時に、外装樹脂の燃焼と飛散を抑制
  • 使用温度125℃対応、耐候的性能を向上(温度サイクル: -40 ⇔ +125℃,1000サイクル 他)
  • UL94V-0の難燃性樹脂(ハロゲンフリー)を採用
標準品一覧表(定格追加分のみ)
品番 バリスタ電圧定格
(範囲) V0.1mA
最大定格 最大制限電圧
最大許容回路電圧 サージ電流耐量 エネルギー耐量 定格パルス電力
(V) AC(Vrms) DC(V) 8/20µs(A) 2ms(J) (W) (A) (V)
TND05SV221KTBAAAA0 220 (198~242) 140 180 800A/1回

600A/2回
6.5 0.1 5 380
TND05SV241KTBAAAA0 240 (216~264) 150 200 7.5 415
TND05SV271KTBAAAA0 270 (247~303) 175 225 8.0 475
TND05SV331KTBAAAA0 330 (297~363) 210 270 9.5 570
TND05SV361KTBAAAA0 360 (324~396) 230 300 11.0 620
TND05SV391KTBAAAA0 390 (351~429) 250 320 12.0 675
TND05SV431KTBAAAA0 430 (387~473) 275 350 13.0 745
TND05SV471KTBAAAA0 470 (423~517) 300 385 15.0 810

電気的・耐候性特性
項目 試験方法と定義 規格値
使用温度範囲 -40℃ ~ +125℃ -
高温負荷試験 温度125±2℃で、最大許容回路電圧を1,000±12時間連続で印加する。 ΔV0.1mA/V0.1mA≦±10%
耐湿負荷試験 温度85±2℃、湿度80~85%RH中に最大許容回路電圧を1,000±12時間連続で印加する。 ΔV0.1mA/V0.1mA≦±10%
温度サイクル試験 温度-40±3℃、30分⇔+125±2℃、30分のサイクルを1,000回繰り返す。 ΔV0.1mA/V0.1mA≦±5%
機械的損傷がないこと
直流電圧を印加する試験(高温負荷、耐湿負荷)においては、バリスタ電圧は試験電圧印加方向にて測定評価する。
バリスタ電圧の測定は、試験終了後標準試験状態下に1時間以上、2時間以内放置後行う。
取得安全規格
  • UL1449 4th.
  • CSA
  • VDE