環境基本方針

BASIC ENVIRONMENTAL POLICY

環境方針

『環境と人にやさしい技術への貢献』

私たちは、電気二重層キャパシター応用製品、カメラモジュール及びユニット、二次電池用充電器、情報機器関連製品等省エネルギーと安全に関連する製品の生産及び一部設計開発活動を行う企業として、環境負荷を低減し、地域環境はもとより地球環境へ配慮し、日本ケミコングループの一員としてグループの基本理念である『環境と人にやさしい技術への貢献』を具現化するため、以下の通り「環境方針」を定め、全ての組織、階層によりこれを継続的に推進します。

  • 環境管理システムを構築し、その継続的改善を行うことにより、環境パフォーマンスの向上、環境汚染の予防に努めると共に、気候変動を含めたリスク発見時の影響を最小限にする管理体制を確立し、維持する。
  • 組織の環境側面に関係して適用可能な法規制、及び組織が同意するその他の要求事項を順守致します。
  • 環境目標を定め、定期的に見直しを行い、実施計画に基づいて関連する各部門・階層で達成に向けての取り組みを行います。
  • 次のテーマを重点項目として取り組みます。

    (1)事業活動に関連し発生する温室効果ガス(GHG)の削減と低炭素社会の実現を目指し、電力を中心に使用効率を高め、省エネルギー化を推進します。

    (2)資源の有効利用と、歩留まり向上等の活動による3R(サンアール)(リデュース=廃棄物の発生抑制、リユース=再使用(通函化、手直し等)、リサイクル=再資源化)の推進に努めます。

    (3)製品含有化学物質は独自の管理システムを構築し、部材の成分情報の入手と仕入先環境監査により適正管理を目指します。工場消耗品等で危険・有害物を含有するものは、危険性又は有害性等の調査をし、適正な使用環境を推進します。また、過去の環境債務は適切に記録の保管を行います。

  • 環境管理活動の実施状況については内容を伝達し、従業者が継続的改善に寄与できるよう内部コミュニケーションを図っていきます。また、公表可能なものについては積極的に情報開示し、外部コミュニケーションを推進していきます。
  • 環境保全活動の一環として地域社会との連携を計り、生物多様性保全活動を推進します。
  • この環境方針は、社外一般の人にも公開致します。
2019年7月3日
ケミコン長岡株式会社
代表取締役 市原 博和

ケミコン長岡のサステナビリティ

ケミコングループの企業理念である、「環境と人にやさしい技術への貢献」に基づき、事業活動を通じてサスティナブルな社会へと貢献できるよう努めてまいります。
ここでは、わたしたちのSDGsに関する取り組みをご紹介いたします。

雪国植物園での活動

長岡市が所有する雪国植物園は、雪国の低山である里山の自然植生を目指し自然生態系保護をしています。ケミコン長岡は、その理念に賛同し毎年秋頃に雪割草の植樹や清掃を行っています。

協働ロボットの導入

協働ロボットの導入により、「汚い・危険・キツイ」仕事をロボットへ任せることが可能になります。また、今後予想される深刻な人手不足にも対応することができます。意外に使用電力も少ないという特徴もあります。

CONTACT

ご相談・お問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせ
ケミコン長岡株式会社

〒940-2127 新潟県長岡市新産三丁目4番地12
TEL:0258-46-2244 FAX:0258-46-9535