FAQ/お問い合わせ製品に関するFAQ

コモンモードチョークコイルを使用したノイズフィルタの実測とシミュレーション比較

コモンモードチョークコイルを使用したノイズフィルタの実測と、SPICEによるシミュレーションでは、コモンモードチョークコイルの磁気結合特性の結合係数kを用いたモデルを用います。一般的なノイズフィルタは下記のような構成で作られています。(下記の等価回路は、説明のために簡略化したモデルです)

これら各部品の役割についてまとめると下記のようになります。
L-ComとCyがコモンモードノイズを低減し、L-Comの漏れインダクタンスとCxがノーマルモードノイズを低減します。
 
ノイズ対策部品 ノイズモード
役割
コモンモードチョークコイル
L-Com
コモン 高インダクタンスにより
ノイズを反射
Yコンデンサ
Cy
コモン コモンモード電流を
分散(バイパス)
Xコンデンサ
Cy
ノーマル ノーマルモード電流を
分散(バイパス)

上記に当てはまらないご質問・お問い合わせは
下記からご連絡ください

製品に関するお問い合わせ