FAQ/お問い合わせ製品に関するFAQ

セラミックバリスタTNR™の破損状態

セラミックバリスタTNR™の破損状態は、基本的にショートモードです。
過大サージ電流の印加により、瞬時にショートに至り、激しく破裂、飛散した結果、オープン状態になる場合があります。また、ショート後の発熱によりリード線が溶断し、内部はんだが溶融した結果、オープン状態になる場合もあります。他にも、振動によるリード線の断線によりオープン状態になる場合が考えられます。物理的・熱的ストレスによる要因を除き、破損状態は基本的にショートモードです。
タグ
故障
寿命

上記に当てはまらないご質問・お問い合わせは
下記からご連絡ください

製品に関するお問い合わせ