TOP  >  事業紹介  >  研究開発
事業概要

研究・開発

オンリーワンを生み出すシーズ・・・基礎研究

アルミニウム電極箔、電解液や導電性高分子などの電解質、封止材となる封口ゴムなど、コンデンサには高度な技術を要する材料が使われています。
電子部品にブレークスルーをもたらすのは材料開発力です。日本ケミコンではコンデンサ用材料の基礎研究に力を注ぎ、オンリーワン商品を生み出すためのシーズを大切に育てています。

リーディングカンパニーの真髄・・・製品開発

エレクトロニクス機器は技術革新を繰り返し、日進月歩で高度化を続けています。電子部品もまた同じです。市場の期待に応えるためには、タイムリーな新製品開発が求められます。
日本ケミコンでは材料開発部門とのコラボレーションによって、スピーディーな製品開発を実現しています。また、日本ケミコンが誇る高い品質は、製品の設計段階から作りこまれています。
付加価値の高い新製品開発により、お客様の機器設計を強力にサポートし、エレクトロニクス産業の発展に貢献いたします。

独自の発想を形に変える創造力・・・生産技術

材料から製品まで、一貫生産体制を支えるのが生産技術力です。日本ケミコンでは生産設備の多くを自社開発しています。独創的な製品を最適な条件で生産するためには、独自のアイデアに溢れた生産設備の開発が不可欠になるからです。
高い品質と生産性を両立する高精度な設備、小ロット多品種生産にもフレキシブルに対応する生産体制、また環境にやさしい省電力型の設備開発にも力を注いでいます。
日本ケミコンの生産設備開発は、生産ラインの先にあるお客様のニーズを見つめながら進められます。