TOP  >  CSR/環境  >  日本ケミコングループ 環境への取り組み
CSR/環境

日本ケミコングループ 環境への取り組み

環境活動に関するトップメッセージ

私たちは、地球環境と人を尊重し、全社員の創意により社会と環境に貢献する企業となることを目指します。

日本ケミコングループは、「環境と人にやさしい技術への貢献」を企業理念に、事業活動の全域を通じて、環境保全を最重要課題と捉え、活動に取り組んでまいりました。地球環境の保全や自然との共生は、人類全体が共有する「思い」であり、私たちは、持ちうる技術を最大限に活用して、その「思い」をかなえてゆきたいと考えています。
 近年の原子力発電所の停止や火力発電燃料の高騰などの「エネルギー供給」における変化は、経済や企業活動、また私たちの生活にも大きなマイナス影響をもたらしました。それは、「エネルギー消費」の観点から見ると、「省エネ製品」、「低燃費自動車」といった分野での研究開発や製品化が活発化するという、プラス効果でもありました。 さらに、「新エネルギー(太陽光発電や風力発電)」等の分野が脚光を浴びたことも、大きな変化と言えるでしょう。
 私たち日本ケミコングループは、環境保全活動の一環として、生産活動における資源の有効活用(3R活動)はもとより、エネルギー使用の最適化(省エネ)を進めています。また、自然環境への配慮、生態系の保全も、私たちが決して忘れてはならないミッションのひとつとして、取り組みを始めました。製品開発においては、当社グループの主力製品であるアルミ電解コンデンサの高機能化や、長年研究を続けてきた電気二重層キャパシタの市場投入により、「エネルギー効率のよい商品の開発」というお客様のニーズに、必要な技術や製品をタイムリーに提供してまいりました。「省エネ」や「低燃費」が“当たり前”の今日、太陽光エネルギーや風力発電のような「再生可能な自然エネルギー」が“当たり前”になる日のために、「革新的な技術や製品を提供すること」が私たちのミッションであり、社会的責任と考えています。そのために、産学共同の研究所を設立し、技術者を派遣するなど、次世代技術の開発に力を注いでいます。
 日本ケミコングループは、これからも変わらぬ精神で、新しい分野へ積極的にチャレンジし、人と環境の調和が取れた循環型社会の構築に貢献してまいります。

代表取締役社長 内山郁夫

ISO14001等の環境管理システム認証取得状況

日本ケミコングループでは、環境管理システムの構築が、グループとしての環境管理活動に必要不可欠であると判断し、全生産事業所における環境管理システムの認証取得を進めてまいりました。
その結果、全生産事業所において、2007年末までにISO14001(小規模事業所においては、環境省が推進するエコアクション21)の認証取得を完了し、現在はこれらの管理システムに基づいた継続的な改善活動を推進しています。

取得事業所の一覧

こちらからISO14001取得事業所一覧をご覧いただけます。

こちらからエコアクション21取得事業所一覧をご覧いただけます。

2013年5月現在の有効な取得事業所数は、国内11、海外9の計20事業所となっています。

日本ケミコンの環境管理活動組織

日本ケミコングループでは、環境担当役員を委員長とする「日本ケミコン環境委員会」を設置し、環境に関わる全社的な方針の決定、目標の設定等、重要事項の審議・決定を行っています。環境委員会の4つの小委員会では、化学物質管理、化学処理対策や省エネルギー等の検討を行い、さらに4つの事業別環境連絡会議や海外事業所も含めた連絡会議を開催し、全社方針を事業に応じた活動に展開し、フォローを行っています。
また、環境部が全社の環境活動を統括し、環境情報管理や伝達を行い、全員が環境保全に関わる体制を整えています。

製品の環境対応に関するお問い合わせはこちら

その他環境保全活動等に関するお問い合わせ

〒141-8605 東京都品川区大崎5-6-4 都五反田ビル東館
TEL 03-5436-7633 FAX 03-5436-7596